(NPO)日本・アジア健康科学支援機構による 海外医療支援のご報告

 

このたびの台風ならびに水害により被害を受けられた皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


(NPO)日本・アジア健康科学支援機構による海外医療支援のご報告

 秋冷の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、遅くなりましたが、当法人事業のひとつである海外医療支援を本年8月にモンゴル国北部の町ムルンで実施して参りましたので、その概略をご報告申し上げます。
 ムルンはフブスグル県の県庁所在地で、首都ウランバートルから約680Kmに位置し,空路で約1.5時間のところです。

 

モンゴルの地図


 

2019年8月24日新たに就航しましたMIAT夜間便に搭乗、日を超えた25日深夜1時過ぎにモンゴル国際空港に到着、ホテルで4時間ほどの仮眠を取った後、眠い目を擦りながら再び空の旅ムルンへ向かいました。今回のチーム構成は、日本側は当法人から4名、モンゴル側からはモンゴル国立医療科学大学から3名、現地歯科医師3名、通訳、器材関係者各1名の総勢12名です。ムルンの空港では、県衛生局長、病院長等の出迎えを受けましたが、昨年の実績もあることより、和気あいあいと再会を喜び合いミッションが始まりました。病院へ到着すると、もう既に多くの患者さんが待ち受けており、28日までの3.5日間で外来患者約300名、手術患者20名(含、外来)を受け入れました。現地での反響は昨年同様とても大きく、特に、ウルスブルク県知事より面談を求められたことは特筆すべきことでした。知事はわれわれのミッションに強く共感され、支援を約束していただいたうえ感謝状を賜りました。また、最終日にはTV局からの取材を受け、その内容がモンゴル全国に放映されるとのことでした。このミッションを通じ、ムルンの医療関係者とも良好な関係が構築でき、来年もまた会おうと約束してウランバートルへ戻りました。

当法人と致しまして、二回目の海外医療支援となりましたが、何よりも皆様のご理解、ご協力がなければ行い得ない大きな事業であります。ここに、皆様の多大なご支援により第2回海外医療支援事業が成功裏に行い得ましたこと、略儀ながら紙面にて感謝申し上げますとともに、ご報告申し上げる次第です。なお、今回のミッションでは、当法人理事である田中栄一先生が初参加され、多くの仕事にご貢献されましたことを付記させて戴きますと共に、厚くお礼申し上げる次第です。次回より、多くの会員の方にもご参加いただけましたらと存じます。
 末筆ながら、皆様のご健勝とご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

  令和 元 年 10 月 吉 日

(NPO)日本・アジア健康科学支援機構
理事長  今 井  裕

病院入り口に掲げられた今回のミッションについての大きなポスター
病院入り口に掲げられた今回のミッションについての大きなポスター
患者さんで溢れかえる待合室
患者さんで溢れかえる待合室
モンゴル人スタッフとの手術後の記念撮影
モンゴル人スタッフとの手術後の記念撮影
現地の医療関係者への講演
現地の医療関係者への講演
県知事室における知事からの感謝状贈呈
県知事室における知事からの感謝状贈呈
病院内における医師、歯科医師対象の研修会
病院内における医師、歯科医師対象の研修会
全てのミッションを終えて、モンゴルスタッフとの記念撮影
全てのミッションを終えて、モンゴルスタッフとの記念撮影
モンゴル国立医療科学大学前副学長と歯学部長との面談
モンゴル国立医療科学大学前副学長と歯学部長との面談